Top > 雑木林

 

雑木林

新車の写真

コレが新車です。

かっこいいなあ。
すってきだなあ。

と、私が言うと
メンバーから「そうは思わないぞ」という空気も感じられます。

いいのです。
ごきげんだから。
 

新しいマシンが到着。
クルマやバイクではなく、
チェンソー。

壊れてからずっとがまんしていました。
新車を買うにも予算と合わず、
予算に合ってもデザインが気に入らなかったりして、
むさむさとしていました。

農機具屋が私をあわれんでか
ほとんど不調の代替機を出してくれましたが
こいつはまったく不調につき
ほとんど使えず、やはり、むさむさしていました。

でも、ようやく、予算と気分に合う品を入手。
むさむさが晴れるどころか、大変ごきげん。


ステッカーを貼って、
クラフトマシンとして組み直し、
ちょこっとそこいらの丸太をカットして遊んでから
早速教室建築に使用。

屋根に上がり、
早速余計な丸太をカット開始!
ところが、早速、丸太に入っていたビスに歯を当ててしまいました。
チェンソーの歯は柔らかく、釘や石に当てるとすぐに切れなくなります。

研げばいいと思うでしょう。
でも、今までにすっかり研ぎまくって歯がちんこくなっていて、
もう研げる状態ではなく、
普通ののこぎりで丸太をカットしました。

丸太をチェンソーで切ることに慣れた私は、
普通ののこぎりで切る気分の良さを再確認。
しかも、やっぱり早い。
みんなよりたぶん早い。
爽快。

今日は、農機具屋に行って新しい歯を手に入れました。
念のため二本。

よく晴れていたのに
このチェンソーで
どうやって教室のエントランスを作るか
思案すること2時間。
 

心地よいキャンプ

この時期のキャンプ、おすすめです。

こんな風景。

初夏の緑。
新しい年度に入り
少し落ち着きながら少々くたびれている今頃、
山の緑が心地よいです。

季節と私たちの暮らしは
うまいことなってるなと思います。

落ち着きつつくたびれている今(って決めつけてるけど。)
山の色は明るいのに優しく
風は程よく体を通り
水の流れは見て飽きることなかがやきで
夜の星も、月も、焚き火も
自分に語りかけてくれているような
そんな自然の姿。

いつでも自然の中は心地よいけれど
今こそ、と一番思うのは初夏、今頃でしょうか。

この季節に無理してでも山に行って
新年度を受けとめながら
この先一年への力を得よう、そんな心地よさ。

DOLもうまいことしたもので
大人がふわっと遊べるキャンプも
ちょうど用意しています。

ぜひどうぞ。


春のファミリーキャンプ
・5/20.21 1泊2日(日帰りもOK)
・ヒゲッチキャンプ場
・誰でも参加OK
・集合11:15 解散17時頃 寄居駅
・もちもの 雨具、防寒着、軍手、ビニール袋、
       水筒(PBでOK)、タオル、帽子、
       ぬれてもいい靴(サンダル不可)、
       一応水着、着替え、保険証コピーなど

※日帰りOKです。

うまいものと焚き火を用意しています。
キャンプに使う道具も、全部あります。
私もくつろげるキャンプです。


6月のゴーゴーピクニック
「カジカつり大会!」(恒例!)
・6/17(土)
・幼児小中高生20名(先着)
・参加費 ¥6.000?(優待¥5.500-)
・集合 8:00  解散 17:30 池袋南口
・持ち物 雨具、防寒着、軍手、ビニール袋、水筒(PBでOK)、
     タオル、帽子、ぬれてもいい靴(サンダル不可)、
     水着、着替え、保険証コピーなど。
・申し込み6/11(事務所留守の場合携帯電話まで。)
・その他 ※「前日集合・早朝集合」「解散延長」OKです。

釣りの経験は関係ありません。
練習時間がありますし、
必ず釣らせてみせます。
むしろ、初めての釣り にもってこいかも!

景品たくさん。
にんきのDOLステッカーも
新作が出ます。
 

そういえば

そういえば
今度またテレビのお仕事がありました。

お笑い芸人と、にんきアナウンサーと一緒に
カレー作りです。
番組的にカレー作っただけです。

オンエアーは、ココでは秘密なので、
「放映日教えて!」って
メールをください。

テレビ出るときは教えてって言われるので
もう教えましたからね。
いいですね。
なんで教えてくれなかったのー、とか
言わないでくださいよ。

オレダッテハズカシインダカラサ。
 

昨日のお仕事

昨日は、某区の指導者講習会をお手伝いしてきました。
ジュニアリーダーを指導するための、リーダーの講習会です。
ジュニアリーダーというのは、自治体が主導している、
レクリエーションやキャンプを通して
地域で活動する力を備えようとするこどもたち  です。

ボランティア活動、区民市民行事、地区のイベント、などで
いろいろとお手伝いをします。
青少年委員やこども会などとも関連しながら
様々な取り組みをしています。

廃れているところもあれば
活発なところもあり
自治体によって形態は様々です。

さて、この某区には
高校生がたっぷりいて、少しうらやましかったです。
なんでも、小中学生で300人くらいジュニアリーダーがいるそうです。
この数はおそらく、23区随一のものと推測されます。
そのように底辺がしっかりしていると
高校生大学生のメンバーもおのずと集まっています。

こうしたリーダーたちに何かを伝える機会があるのは
ものすごくうれしいことです。
同時に、責任も感じます。
責任が重大だから、どうしても情報量が多くなります。

講座では、ウソはいいません。
あたりまえですが。
でも、ほんとのほんとのことも言えません。
アフターケアができないのに
ほんとのほんとのことを話してしまうと
良くないことも起こります。
誰に対してでも、ほんとのほんとのことを言うなら
覚悟と以降のケアが必要です。

でも、ほんとのことは話します。

ほんとのことにはシゲキがたくさん。
ほんとのほんとのことにはさらにシゲキがあり
傷に近いシゲキになっちゃう。
しっかりアフターケアをしてあげなくちゃいけない。

高校生のリーダーは、
ヒゲッチキャンプ場でも募集しています。

え、なにそれ!と言う高校生や親御さん、
メールください。

・DOLのジュニアリーダー
・ジュニアリーダーキャンプ
・月曜キャンプ教室(誰でも来れる無料講習会)

など、やっています。
ほんとのことです。
ほんとのほんとのことも話したいです。